【ガソリン車廃止!?】いつまで乗れるのか、考察してみた

 

どうも、おふとぅんです。

 

今回はガソリン、ディーゼル車がいつ頃まで購入できるのか、EV車って今のタイミングで購入してもいいのかについて考えてみました。

これから免許を取ろうとしている方など、車が好きな方全般に向けた内容になりますので

 

ぜひご覧になってください。

 

 

 

新車は2030年代半ばあたりが目途か

 

日本は2050年にカーボンニュートラル宣言をした事で、ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリット車の新車はいずれ購入できなくなる可能性が濃厚になりました。

また世界各国の先進国においては、そのほとんどで2050年のカーボンニュートラル宣言をしています。BMWやベンツ等の高級外車も新車では購入できなくなる可能性も濃厚になったのは言わずもがな。

中国においては2060年という話だけど、ここは正直どうでもいい。

では実際に、いつ頃までが新車を購入できる最後のタイミングになるのでしょうか。

 

個人的にですが、2030年代半ば辺りまでではないかと考えています。

 

というのも、日本における新車の買い替えサイクルが3,5、7、10年あたりが多いとされています。

2050年にカーボンニュートラル達成と考えて、買い替えサイクルを参照すると大体この時期かなと、あたりをつけることができます。

 

さらに、純ガソリン車、ディーゼル車は昨今の時勢の流れからかなり数は絞られてきて、ハイブリット車が2050年までのつなぎとしてそのシェアを広げていくのではないでしょうか。

--現に、マツダのMX-30が新車としてしっかりEV車、e-SKYACTIV G搭載車として発売されました。

この後にも、メルセデスベンツも近々でSクラスのHV,PHV、EVがラインアップされますし、国内外のメーカーは着実に脱ガソリンに着手しているように見えるのもそれに拍車をかけていきそうです。

 

新車で純ガソリン車を購入するのであれば、2030年代半ばまでと考えておきましょう。

 

 

中古車はどうなんだろう…?

 

今現在のところ、中古車においては廃止等の話はないので憧れのあの車に乗りたい!

という夢を叶えることはできると思います。なので、気にしないでもいい…

 

とは言えなさそうで、これも圧倒的個人的な意見なのですが、中古車で純ガソリン車、ディーゼル車に乗っている人に対しての更なる

 

税金

 

を課すのではないかと不安になります。

例えば、13年ルールという有名な課税がありますよね。

 

古い車を修理しながら大切に乗っている人に対して完全に敵対しているような課税が

 

この期間がもう少し短くなったり課税率が20パーセント上がります、とかになるかもしれません。

あの手この手で、ガソリン車から離れてもらおうと考えるかもしれませんね。

としても、そんな行動が起きたとしても2030年代あたりまでは別段気にしなくても良さそうなので

 

中古車であの車に乗りたいけど、乗れないのかな?と考えなくてもよいと思います!

乗りたい車に乗りましょう!

 

EV車の先取りと課題点

 

それでは、完全EV車を時代の先取りとして乗るという選択肢は果たしてありなのでしょうか。

 

結論、ありっちゃああり

 

ちょっと、どっちつかずな回答なのですがこれ解説します。

 

メリット

 

・ガソリン代を気にしないで済む

いわゆる燃費部分ですね。

NISSANさんのHPで電費と燃費の参考例が載っていました。自宅の契約している電力会社等によって金額は異なるものの

大体はガソリン車と比べると安価になることのほうが多いようです。→こちら

 

・新車購入時の補助金がおいしい

エコカー補助金、グリーン化特例、クリーンエネルギー補助金といった補助金によって、購入者に優遇措置が取られます。

また、自動車税も一律29500円(i-MiEVなどの軽自動車扱いは除く)なので純ガソリン車、HV車と比べると支払う税金が安いのも魅力的です。

 

 

デメリット

 

・充電スタンドが少ない

今ではSAや道の駅などでよく見かける充電スタンドですが、まだまだ数が少ないのが現状です。

ほかの方が使っている場合、空いてないことが多いので待たなければならないのは嫌ですね…

因みに、家庭用スタンドは購入時に見積りとして入れていることもあるそう。

 

・走行距離が少ない

カタログ値では走行距離400キロなどをうたっている車種もある中で、走行距離は大体300キロ行くかどうかの車種も多い。

エアコンなどもバッテリーから電力供給を受けて働するので、その分走行距離が減ってしまう。

遠出をする車、というよりかは近場の買い物や、通勤手段として使っていくような車です。

 

ドライブしにくいのは個人的に大きくマイナス。

 

そんなわけでデメリットの改善点が少し大きいと感じてはいるものの、今現在のEV車を購入する場合にメリット部分を大きく感じる方は購入してもいいかも

 

 

まとめます

 

 

・ガソリン車、ディーゼル車の新車は2030年代半ばまでが購入リミット

・中古車は当分いつ買っても良さそう。税金だけ注意

・EV車購入は個人的にはまだ時期尚早

 

こんな感じでした。

 

結局のところは、2021年現在でお話しするのであれば

 

あと9年は好きな車を好きなように購入してもらってオッケー

 

てことはお分かりいただけたと思います。

 

なので困ることはないと思いますので、これから免許取得を考えている方、またはこれから何の車に乗るのか探していらっしゃる方も含めて

車選びを楽しんでください。

 

今日はここまで、ありがとうございました!!

 

-

© 2021 おふとぅんblog Powered by AFFINGER5