ゲーム その他

マリオカートツアーのプレイレビューをしてみた

どうも、おふとぅんです。

今回ざっくりご紹介するゲームは、wiiUやswtichを持っている方々なら一度はやったことがあるのではないかと、勝手に思っているヒットゲーム、「マリオカートツアー」をご紹介してみようと思います。

マリオカートといえば日本でも国民的ゲームだと思います。過去にはゲームセンターなどの筐体ゲームにもなっていました。

なので、小さいお子さんから大きいお友達まで幅広い世代で人気がありました。

ゲーム的には、今までやったことがある方は、そんなに難しくなくすんなりとやれるのではないでしょうか。

 

そして、人気のマリオキャラがレースを繰り広げるレースゲームとなっている点も変わらず楽しめる内容になっています。

公開初日に2000万ダウンロードを達成したのもすごい記録ですね。

 

ゲーム内容は?

 

基本操作は片手でタッチorフリック

車は自動で前に進んでくれますので、操作は慣れてくれば、といったところ。

レースマップは、過去歴代のレースマップから人気マップが抜粋されています。

レースをどんどんプレイしグランドスターを集め、自分の持っているキャラやカート、グライダーを強化しどんどん先に進んでいきます。

今までのマリオカートにはなかった育成という部分が強調され、とても重要なものとなりました。

必ず育成しないと進めないレベルなのでプレイヤースキルも必要です。

しかし、どちらかというと、RPGっぽい要素が強い気がしますね。

マップコース

 

歴代作品のコースもたくさんでてきます。

マリオカートを昔からやってきた僕は、ただただ懐かしい…と言ってました。

従来のマリオカートなら3週というレギュレーションで設定されています。

マリオカートツアーでは、2週というラップ数で構成されているので、短い時間で遊べるのはうれしいですね。

その為か通勤や通学、少し空いた時間でプレイするにもよろしいかと!

 

こういった現実と同じような場所でレースゲームが出来るのも楽しみです。

 

家やゲームセンターのマリオカートとはまたちょっと違うゲーム性はお分かりいただけたかと思います。

もっと遊んでいくには、まずはスター集めを行う必要があります。

レースを行い、スターをゲットしていくのが基本となり、ハイスコアで獲得出来るスターが変動します。

そのスターを使ってマップを増やしていきます。これを繰り返していくわけですね。

更に、今後マップはどんどん追加されていきます。

 

操作方法

 

操作は少し書きましたが、シンプルです。

写真の通り曲がるときは左右に、アイテム使用は上下でフリック操作です。

車は勝手に進んでいくので、これだけです。

あとは、いつものマリオカートです。アイテムを駆使し、ライバルたちよりも先にゴールを目指すゲーム性はスマホでも変わりません。

片手つり革スタイルでも十分にプレイできるのは嬉しいですね。

操作スタイルはかんたんとドリフトから選べますが、やはりドリフトになるとコーナの操作は難しくなってきますので、慣れたら変えてみるのもいいと思います。

またキャラとコースによって相性があるので、好きなキャラだけで進めるのも限界があるので、適度に複数のキャラクターを育てていくのが良いですね。

 

新要素のフィーバーモード

相性やキャラによって、アイテムを複数所持できます。

今回の新要素である、フィーバーモードというものがあって、三つ持てるキャラが同じアイテムを三つ揃うと発生します。

すると、一定時間そのアイテムを使い放題という状態になりますので、一発逆転が見込めます。

 

ゲームを有利に進めるには

 

やはりガチャです。

「マリオカート ツアー ガチャ」の画像検索結果"

 

ガチャでキャラ、マシン、グライダーが手に入ります。

今回のガチャはボックスガチャ形式です。つまり、いずれはピックアップのどれかは当たるというガチャになっています。

無理なガチャはよくありませんが、引くメリットそのものはあります。

ルビー(ゲーム内通貨)を使って引くガチャ以外から手に入るキャラにはどうやっても限りがあります。

そういう意味では、アイテムボックスを三つ使えるキャラがいたほうが、マップを有利に出来ますので、ハイスコア獲得にも繋がっていきます。

どうしてもハイスコアが取れないものなどはキャラや、グライダー、カートを手に入れて強化していきましょう。

 

まとめ

スマホで遊べるように操作感もグッとやりやすく、今までのゲーム性は変えず、それでいて新要素のフィーバーモードを追加した全く新しいマリオカートを体験できました。

かなりおもしろく遊べたので、小額課金していようかな考えています。

また、カーゲームで育成するというシステムも面白かったので、カーゲーム初めてやってみようという方は一度ダウンロードしてみては如何でしょうか。

-ゲーム, その他

© 2021 おふとぅんblog Powered by AFFINGER5