ゲーム その他 ブログ

獅子の如く〜戦国覇王戦記〜のプレイレビューをしてみた

どうも、おふとぅんです。

今回は「獅子の如く~戦国覇王戦記~」をご紹介してみようと思います。

これまでに紹介した戦国系のゲームアプリや、紹介していないアプリの中でも、高いグラフィックと戦略性を兼ね備えた本格戦国ゲームです。

高いグラフィック性は、ゲームをやるなかでポイントとして押さえたいところでありますので、期待できます!

 

ゲーム性

 

初めに出生地と、その城主の見た目を決めることからスタートし、そこから自分の城を持ち、その周りに自分の好きなように施設を設置します。

そうやって設置していった施設のグレードを資源を使ってアップさせたり、兵士を生産・強化していくなどの育成要素の強さが高いかな、という感じを受けました。

その育成パートとは別で、戦国ゲームならではの敵武将との勝負に勝利し、どんどん領地を拡大させます。

そして、最終的には天下統一を目指していくのです。

育成も戦闘パートも頭使うので、これなんだか楽しそう、というのがこのアプリのゲーム性ですね。

 

獅子の如く〜戦国覇王戦記〜はここが凄い!

 

獅子の如く~戦国覇王戦記~がゲームとしてスゴいと言えるポイントが5つ程あるかなぁと思います。

1つ目、このゲームは冒頭でも触れたように、グラフィック性の高さが抜きん出ているところです。

ゲームをやる以上、中身はとても大事になりますが、外側のグラフィック部分もそれに負けないくらい大事なものになります。

その部分も、このゲームは力が入っているため中身と外見がしっかりしているゲームだと感じます。

それ以外でも、会話パートでは全員長いセリフで、ボイス付きです。

動きはスムーズですし、自分の領地内では、ズームして分かるような小さいサイズの兵士たちも動いています。

さらには小さな鳥まで飛んでいたりと、ここまで細かいところよく作ったなぁと感心するぐらい作り込まれています。

二つ目は、育成パートです。

獅子の如く~戦国覇王戦記~の育成パートでは、効率良く自国を繁栄させていく必要があります。

例えば、一定時間ごとに回収できる資源を使って、施設を設置したり、自国の兵を訓練して強化します。

戦闘パートで大事な兵力や戦力と言ったところを、しっかり強化することで自国を発展させていく必要がありますので、注力していきましょう。

また、策略を研究させると大きく強い国を作り上げることができるのです。

そうして、プレイヤーも主人公自身も育成することができるというのも1つの大きなポイントです。

3つ目は、このゲームではマルチ対戦機能が搭載されています。

一族と呼ばれるギルドに入ることで、仲間と一緒に協力しながらプレーをすることができます。友達とやるのもいいですね。

4つ目は、戦闘パートでの戦闘です。

戦闘には、攻城戦や野戦など様々な種類の戦闘が展開されます。

それぞれの戦闘では、敵部隊の編成が変わってくるので、戦闘ごとに敵との相性を考えて自国の兵を編成する必要があります。

育成パートで強化したものを、戦闘パートで自分なりに策略を考え、活かして戦う必要もあり、頭も使うっているというのも注目ポイントだと言えます。

最後は、このゲームは縦型のスマホ操作で遊びやすいのが良いポイントです。

縦型の操作が良いというのは、スマホを縦にしたまま遊べるということです。

最近のゲームの多くは、横型にするものが多く、このタイプでは遊べるシチュエーションが限られる欠点があります。

しかし、このゲームでは縦持ちで良いため、片手しか使えないシーンでも問題なく遊べるのは嬉しいですね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

育成も戦闘も、限りのある資源を使い、効率よくやっていく楽しさ、戦闘での編成などを頭を使いながら遊ぶ事が出来るようです。

もちろん、戦国武将が好きな方にもおすすめできるゲームですので、是非遊んでみることをおすすめします!

-ゲーム, その他, ブログ

© 2021 おふとぅんblog Powered by AFFINGER5