ブログ 鉄拳

【鉄拳はこれで強くなる!】自分が強くなっていった方法とは?

 

どうも、おふとぅんです。

 

今回は、「どうやったら鉄拳って強くなるんだろうか」という部分で

特に始めたばかりの方たちや、一定の段位から上がれないという方たちに向けた内容を記事にしました。

 

 

今回のメニューはこちら

フレーム?そんなものより、コンボ精度向上と確反をしっかり返す

 

 

・コンボ精度を向上させる

 

鉄拳というゲームは、突き詰めていくとどれだけ攻めることができるかというゲームではないかと思います。

 

つまり、攻めのポイントである空中コンボをしっかり完走させることが大事なわけです。

 

目標としては、家庭用を持っている方であればサンプルコンボを全て出来るようになれば大丈夫です。

まずはここを目指していきましょう。

 

 

・確反をしっかり返す

 

確反=確定反撃ですが、youtubeに上がっている動画を見ていると、この確定反撃がしっかり返していない場面を散見されます。

 

これはすっごい勿体ないポイントで、確定でダメージを与えられるのにそれをしない段階でダメージ効率も相手より悪くなります。

 

逆に言えば、確反をしっかりすれば勝ちに繋げやすいということにもなります。

 

なので、確実にワンツーを返すだけでも行いましょう。試合展開が全然違ってきます。

 

慣れてきたらレベルを上げて確反の威力や精度を上げていけばよいのです。

 

「まずはワンツーだけでも相手に返す」を意識して対戦に臨んでみましょう!

 

 

 

 

自分が強くなっていた理由を考えてみた

 

 

 

ここから先は、初心者以上羅段辺りまでの方向けかと思いますので、ご参考にしてください。

 

 

  • 小技を振る、という意味を考えた

 

 

浮かせ技やコンボに行ける下段を通すにはどうしたらいいかを考えた結果「小技を振りまくる」にいきつきました。

 

例えば、相手に前ダッシュしてから浮かせ技しか打たないのと、前ダッシュしてから左アッパー(リリの3LP等)打ってからもう一度前ダッシュしてから浮かせ技打つのと、どっちが当たりやすいかと考えたわけです。(めっちゃ極論です)

簡単に言うと「浮かせ技を打つタイミングをずらしつつローリスクで攻めていく」為に小技を振りまくったという事です。

 

すると、だんだん浮かせ技を当てるために行っていた行動が、浮かせ技を当てなくても勝てていくんです。不思議なこともあるもんですね。

 

でもこれ不思議なことでもなんでもなくて、相手のリスクの高い行動(浮かせ技を当てたい!)に対して、こちらはローリスクな行動で相手のやりたいことを抑えつつダメージを取ることが出来ます。

結果、相手のダメージソース(浮かせ技)よりこちらのダメージソース(小技)のほうが行動回数が多いので、その体力差がそのまま勝ちに繋がりやすくなったわけです。

 

小技、ほんとに大事。

 

 

  • 使用キャラの強い技(もしくは行動)の性能把握

 

ここは、小技の項目にも繋がっていくんですが、いくら行動回数が多くてもいずれ相手の浮かせ技があたってしまって、今までの苦労が台無しになる可能性があります。

なので、行動回数を減らしつつでも、それまでのダメージソースは同等かそれ以上を求めていかなくてはいけません。

そこで、使用キャラの強い技(もしくは行動)を把握することを次に段階で始めました。

 

ここで言う「強い技」とはなんであるかという事ですが

 

技後の有利不利の状況

技後の相手の状態(しゃがみ状態などなど)

ダメージ量

 

このあたりをよく見てます。

因みに、レイで考えるとここに背向け〜キャンセルの移動量も加わります。

 

例をあげますと、リリのフッキングヒール(3LK)。

リーチが比較的あり、ヒット後ダメージ23、ヒットしてもガードされても相手はしゃがみ状態。相手は反撃できないのに、リリ側のほうが早く動けます。「ガードさせて有利」ともいいますね。

更にカウンターヒットするとコンボ始動技となります。

これだけの性能をもっている技を使わない手はありませんね。強い技です。

 

州光だと、僕は削磨石(2LP)が強い技だと思って立ち会いでよく使っています。

リーチもあり、ダメージも高め。ヒットガード問わず相手はしゃがみ状態に。

ヒットした後はそのまま上月斬(3RP)や隼(9LK)が、相手がトゥースマ(立ち途中RK)以上の技で反撃してきた場合そのまま当たります。

 

以上のような技を知ることで、ただ浮かせ技を「お願いあたって」とするより効率もいいし、リスクよりリターンが取れるようになるのです。

 

これが、強い技を把握するということです。

 

  • スカし確定の意識

 

強い技を把握することで、自分が相手よりも有利に動ける事がわかりました。

次はこれを浮かせ技を当てるために活かせないかと考え始めた結果、「相手の技をスカす様に動いてみてはどうか」と思い至りました。

 

「相手より早く動けるんだから後ろダッシュして相手の技をスカせば浮かせ技が当たる」

 

理屈では簡単なんです。簡単だったんですが…

 

その意識配分が全く出来なかったんですよね。

相手の動きに翻弄されて、いくら強い技の性能を把握しても思った通りの動きができない=意識が分散して、自分が何をやっているのかわからなくなってくるという状態になり、結果負けてしまう。意識の固定が出来ていないと言い換えてもいいかもしれません。

 

なので、ここでスカし確定の意識を強く持つようになりました。

具体的には「自分と相手の位置が常にこちらの右アッパーが当たる位置をキープする」

 

これを意識し始めてしばらくすると、相手のちょっとした技がスカったら右アッパーを入れられるようになって、ダメージ効率でも格段に良くなって勝ちやすくなっていきました。

それくらいスカし確定を意識すると変わるってことです

 

総評

 

まとめるとこんな感じです。

 

コンボ精度や確定反撃を上げてダメージを取りに行く時は取りに行く

小技を振って行動回数を増やしダメージを細かく取っていく

使っているキャラの強い技の性能を把握して、自分が常に有利な状況に置くこと

スカし確定が出来る位置を常にキープすることを意識する

 

 

ホントに最初の初心者にはなかなか難しい内容だと思いますので、ある程度鉄拳に慣れてきている方向けの内容になってしましました…

 

それでも、これがそれなりの形になってくれば、トントンと段位なんて上がっていきます。

そして感じます。

 

 

 

自分、強くなってる…と

 

とにかく、万年段位が変わらなくて行ったりきたりしている方は騙されたと思って少しやってみて!

 

きっと強くなる!!

-ブログ, 鉄拳

© 2021 おふとぅんblog Powered by AFFINGER5